ぜひ見ておきたい山梨の古民家

 山梨県内で伝統工法による良質な住宅建築について、ここでは下記の建物を紹介いたします。

【大月市下花咲の花咲本陣星野家住宅(重要文化財)】

 普段は非公開ですが、期間限定で公開されることもあり、星野家のご都合によっては拝観させて頂ける場合もあります。

【南アルプス市西南湖の旧安藤家住宅(重要文化財)】

 西南湖の旧甲州浪人で、江戸中期より帰農して代々名主をつとめた大地主安藤家の旧本宅。広大な屋敷地のなかに、茅葺長屋門、唐派風大玄関を備えた茅葺母屋、土蔵2棟、茶室、があり、大規模な池山回遊式庭園と天然記念物の松の巨木が立つ。一般公開されている。

【北杜市明野町の八代家住宅(重要文化財)

 代々上手村名主をつとめた茅が岳山麓の名家。長屋門、土蔵2棟もある。母屋は文化年間の上棟で、小規模ながら、品格を備えた美しい建物である。普段は非公開であるが、年何回か公開される。

【富士川町増穂の追分交流館】

 増穂の豪商(茶源)で大地主や銀行家として、貴族院議員や衆議院議員をも輩出した旧秋山家の本宅で町の交流施設となり、常時公開され『麦とろ飯』を食べる事が出来る。

【北杜台ケ原宿の七賢酒造本宅】

 明治初期、明治天皇ご順幸の際、行在所となった旧家。甲州街道沿いの豪商住宅として上質なつくりである。非公開であるが、山梨銘醸のイベント時など拝観のチャンスもある。

【甲州市塩山の甘草屋敷(重要文化財)】

 上於曾村長百姓として名主を務め、幕府へ献納の甘草を栽培した旧高野家の本宅。甲州市の管理となり常時公開されている。

 

 現地再生工事を実施した古民家としては、その代表例として甲府市塩部の鈴木泌尿器科医院本宅があります。

 鈴木家は市内でも屈指の旧家で、その本宅は大地主の本宅に相応しい上品なつくりであるが。古民家再生の草分け的リーダーである松本の建築家降旗広信氏が直接手掛けた作品であるだけに、和の美が更に昇華され、甲府市中にあって、なおそこがふるくは塩部村であることを

示すような佇まいである。 

公開はされていないが、外観だけでも拝観しておきたい建物である。

 以上思いつくままに書きだしましたが、追って詳細説明、写真挿入もして行きたいと思います。

 なお物件情報については当事務所は不動産屋さんではありませんので、お目にかかった際に情報としてお話しさせて頂きたいと思います。

 

▲このページのトップに戻る